ほげほげ見聞録

技術メモ、備忘録、使い方はそのうち覚える

git:戻す

何かとなかったことにするためのコマンド集(簡単なものだけ)。

 

コミットを取り消す(元に戻せない)

ブランチの先頭を指定コミットまで戻す。オプションに注意。
管理対象外のファイルも消えるので注意。

git reset --hard <commit>

コミットを移動する

間違ったブランチにコミットしてしまった場合。
cherry-pickで正しいブランチにコミットをコピーする。最後に、誤コミットしていたブランチのヘッドを指定の位置まで戻す。

$git checkout <to branch>
$git cherry-pick <commit>
$git checkout <from branch>
$git reset <reset HEAD>

コミット前の作業を戻したい場合(ローカル)

戻したいコミット(過去のリビジョン)のファイル名ディレクトリ名)を指定する。

git checkout <commit> <file>

指定したコミットと同一の状態に更新する。

git checkout <commit>

addを取り消す

誤ってファイルをaddしてしまった場合、ファイルを残したまま削除可能。--cachedを外すと、実際のファイルも削除される。

git rm -r --cached <file>